読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かけ算してるだけ

こそこそしてます。

坂本龍馬と真田丸と。博物館を巡ってきました!

京都に行く用事ができたのでせっかくだからと、京都国立博物館で開催中の坂本龍馬の特別展示を観てきました!

 

f:id:anjo0705:20161023123935j:image

 
 (展示があるのはこの建物じゃないよ)
 
お目当ては龍馬が暗殺される時に携えていた刀「陸奥守吉行」です(*ノωノ)
生ぬるいけど刀剣女子ですもの。
真っ先に遺品の展示室にいくという現金さを発揮しましたよ。
 
入って右側すぐに龍馬の佩刀三振がどーんと並べられてました。
一番手前に陸奥守吉行。
実はここの博物館所蔵なんですね。
ホームでの展示ってこと!
 
ぱっとみ「え、日本刀なの??」と思うくらいまっすぐです。
火災にあってもとの反りが消失してしまったそうです。
暗殺時の傷が残る鞘もこの時に失われてしまったんですって。
本物と判明したのはついこのあいだ。
 
中央の埋忠明寿がしっかり反っていて、立派な鞘とともに展示されているので、余計に特長が際立ってました。
文化財の保存って大変なんですね。
現存してくれていて本当に嬉しいです。
 
もう一振が最近龍馬の愛刀と判明した脇差
ちっちゃくてかわいい(?!)
刀剣鑑賞のポイントは予習してたはずなのに、実物を観るとなんかテンションあがって忘れますわ!
 
同じ部屋に暗殺の現場にあった血染めの掛け軸も展示されています。
そんな縁起悪いもんよう残したなと(*´ー`*)
でも、ほとんどフィクションのヒーローみたいに思っていた坂本龍馬が実在したんだと強く感じられて、胸が熱くなりました。
 
最萌えポイントは、龍馬式カステラのレシピ!
海援隊の軍事的な覚書の最後に、材料の分量だけがちょろっと書かれた雑なレシピがあるんです。
絶対そのレシピでふわふわにならんと思う。
けどかわいい。
きゅんきゅんしました。いや、ぜよぜよしました(  ̄▽ ̄)
 
時間に余裕があったので、博物館のお隣の豊国神社も参拝してきました。
 

f:id:anjo0705:20161023123839j:image

 
「ここがあの脇差のハウスね!」と言いたかった。
 
その脇差が現在展示中なのがこちら
 

f:id:anjo0705:20161023123908j:image

 
大阪歴史博物館の特別展示「真田丸」です。
 
お目当ての「骨喰藤四郎」は順路の一番最後でした。
遠目にも刀身彫刻が目立ちますね!
倶利伽羅竜を表に展示されていて、裏にまわれば不動明王も確認できました。
華やかで観るからに美術品っぽいのに、振っただけで骨まで斬れると噂されるような剛刀なんですって。
 
隣には江戸時代に制作された写しも展示されてました。
本物は一度火災にあって再刃されているのですが、写しは焼ける前の姿を正確に再現しているそうです。
写しには菊の紋が入っていて、刃文もよく見れば違います。
失われた刀をなんで再現できるんやろと思っていたんですが、ちゃんと精巧なスケッチ(?)が残ってるんですよ。
日本人が記録魔でよかったー!
 
実は真田十勇士を普通に全員言える幸村スキーですが、ぶっちゃけ負け戦ばっかなので展示物はせつないのが多かったです(´・ω・`)
本家にお金を無心する手紙とか泣けてきますやんー。旗標六文銭なのに;
 
よく考えると真田幸村坂本龍馬も、非業の死を遂げたせいかフィクションで悪く描かれることはまずない人物ですよね。
連続して判官贔屓キャラの展示に行ってしまったわー。
次は勝ち馬に乗りたい?!

 

広告を非表示にする